咬めない奥歯をセラミックで咬ませる<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

咬めない奥歯をセラミックで咬ませる

<2017年10月18日更新>

治療症例の内容咬めない奥歯をセラミックで咬ませる

  • IMG_3724
患者様
50代女性
治療期間
2ヶ月
治療計画
左側で咬めないことを主訴に来院。
初診時、右側では咬み合わせが確立されていたものの、左側は上下の臼歯が当たっていない状態であった。
銀歯二本にプラスチックの仮歯を被せ、左側の咬み合わせの安定を図った後(~1か月)、プラスチックをセラミックに置換へ。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • 咬めない奥歯をセラミックで咬ませるの治療前
  •  
  • 咬めない奥歯をセラミックで咬ませるの治療後
  • 咬めない奥歯をセラミックで咬ませるの治療前
  •  
  • 咬めない奥歯をセラミックで咬ませるの治療後
咬めない歯を咬ませる方法

何らかの原因で咬み合わなくなってしまった歯に対する治療方法は、
①矯正治療で歯を動かす
②被せ物で歯の高さを増す
の二通りが考えられます。

②は治療期間が短縮できる分、歯を削らないといけないという欠点がありますが、本症例においては咬ませたい歯に既に銀歯が入っていたため、治療方法として選択するに至りました。