[歯ぐきの再生] 矯正治療前の歯肉移植<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

[歯ぐきの再生] 矯正治療前の歯肉移植

<2017年10月28日更新>

治療症例の内容[歯ぐきの再生] 矯正治療前の歯肉移植

  • IMG_4262-
患者様
30代女性
治療期間
1ヶ月
治療計画
左上犬歯の歯ぐきの下がりに対して、矯正治療前に歯肉の移植を行いました。

八重歯の犬歯は、歯槽骨から飛び出している位置にあるため、歯肉が下がりやすく(歯肉退縮)なっていることが多いです。

今後はワイヤー矯正にて歯並びを整えていく予定です。

当院では歯並びだけでなく、歯周組織についても考慮した総合的な治療をご提案いたします。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • [歯ぐきの再生] 矯正治療前の歯肉移植の治療前
  • [歯ぐきの再生] 矯正治療前の歯肉移植の治療中
  • [歯ぐきの再生] 矯正治療前の歯肉移植の治療後
  •  
  • [歯ぐきの再生] 矯正治療前の歯肉移植の治療中
  •  
矯正治療前の歯ぐきの移植について

犬歯は根も長く、抜歯矯正では小臼歯を抜く方が咬合にとってはメリットが大きいです。しかし、歯列に入りきらない犬歯は歯肉退縮していることがよくあります。

治療前にあらかじめ歯茎を移植しておくことで、露出した歯根を覆うだけでなく、歯茎の厚みを増やすことができます。厚みを増やすことで、矯正治療中にさらに下がってしまうことを防ぎます。