奥歯のインプラントと前歯のセラミック<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

奥歯のインプラントと前歯のセラミック

<2017年11月10日更新>

治療症例の内容奥歯のインプラントと前歯のセラミック

  • before1
患者様
50歳男性
治療期間
1年6ヶ月
治療計画
歯がないところに歯を入れ、咬めるようにしたいという主訴で来院。
左下臼歯部はインプラントを埋入するにあたり十分な骨があったものの、右上臼歯部は上顎洞(副鼻腔)に近接していて骨が薄かったため、ソケットリフト術(上顎洞挙上術、骨造成)を併用することとした。
また、インプラント治療の最中に上の前歯が破折したため、同時にセラミックにて形態修正を行うこととした。
・右上臼歯部:
ソケットリフト術(Dr.河野にて)およびインプラント体を埋入し、骨の造成およびインプラント体の安定を待つのに6か月。
6か月後、埋入したインプラント体の頭出しを行い、仮歯にて咬合を作成。
仮歯の状態で3か月様子を見て、セラミックへ。
・左下臼歯部:
インプラント体埋入4か月後、頭出しを行い、仮歯にて咬合を作成。
仮歯の状態で3か月様子を見て、セラミックへ。
・上の前歯:
仮歯にて色調や咬み合わせの調整を行った後、セラミックへ。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • 奥歯のインプラントと前歯のセラミックの治療前
  •  
  • 奥歯のインプラントと前歯のセラミックの治療後
  • 奥歯のインプラントと前歯のセラミックの治療前
  •  
  • 奥歯のインプラントと前歯のセラミックの治療後
  • 奥歯のインプラントと前歯のセラミックの治療前
  •  
  • 奥歯のインプラントと前歯のセラミックの治療後
  • 奥歯のインプラントと前歯のセラミックの治療前
  •  
  • 奥歯のインプラントと前歯のセラミックの治療後
  • 奥歯のインプラントと前歯のセラミックの治療前
  •  
  • 奥歯のインプラントと前歯のセラミックの治療後
  • 奥歯のインプラントと前歯のセラミックの治療前
  •  
  • 奥歯のインプラントと前歯のセラミックの治療後
治療について

奥歯で咬めるようになったため、今後、他の部位のセラミック治療に入る予定です。