インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善

<2017年12月26日更新>

  • C113_1.1
患者様
50代女性
治療期間
1年
治療計画
数年前に他院で埋入したインプラントに装着したブリッジが気持ち悪いとのことで来院された患者様です。
ブリッジと歯肉の間に隙間が多く空いているため空気が抜けてしまったり、裏側に大きな段差があることで舌の感覚が悪いことが最大の悩みでした。
他にも不適なクラウンなどが散見されたため、全体をオールセラミッククラウンにて補綴することとしました。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善の治療前
  •  
  • インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善の治療後
  • インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善の治療前
  •  
  • インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善の治療後
  • インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善の治療前
  •  
  • インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善の治療後
  • インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善の治療前
  •  
  • インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善の治療後
  • インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善の治療前
  •  
  • インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善の治療後
  • インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善の治療前
  •  
  • インプラントのかぶせ物が気持ち悪い 話しにくさと舌感の改善の治療後
治療について

埋入されているインプラントは、フィクスチャーとアバットメントが一体型のものであり、手術回数が1回で済むというかわりにクラウンでの仕上げが困難という問題があります。
今回はやむを得ずインプラントの一部を削ることで、歯肉との間に隙間がなく、舌感の良いブリッジの装着を試みました。