[知覚過敏] 歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

[知覚過敏] 歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善

<2017年12月25日更新>

治療症例の内容[知覚過敏] 歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善

  • 歯肉の移植
患者様
40代女性
治療期間
6ヶ月
治療計画
歯がしみることの改善を希望され来院されました。
まずは知覚過敏薬を塗布、歯ブラシの当たりが強く歯ぐきの下り(歯肉退縮)が見られたので改善を図り歯肉移植を計画します。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • [知覚過敏]  歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善の治療前
  • [知覚過敏]  歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善の治療中
  • [知覚過敏]  歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善の治療後
  • [知覚過敏]  歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善の治療前
  • [知覚過敏]  歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善の治療中
  • [知覚過敏]  歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善の治療後
  • [知覚過敏]  歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善の治療前
  • [知覚過敏]  歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善の治療中
  • [知覚過敏]  歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善の治療後
  • [知覚過敏]  歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善の治療前
  • [知覚過敏]  歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善の治療中
  • [知覚過敏]  歯ぐきが下がってしみる歯を歯肉移植で改善の治療後
  •  
  •  
  •  
歯がしみる場合の歯肉移植について

過度な歯ブラシや電動歯ブラシの当てすぎ、歯ぎしりなどの誘因で歯ぐきが下がってしまうことがあります。(歯肉退縮)
今回まずは知覚過敏薬の塗布を行いましたが改善が見られず、審美性と知覚過敏の改善目的の歯肉移植を行うこととしました。
術後移植した歯肉により厚みが増し下がりにくい歯ぐきとなったことと、退縮していた部分も部分被覆が達成され知覚過敏は劇的に改善したとご満足いただけました。