子どもの治療 上唇小帯高位付着<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

子どもの治療 上唇小帯高位付着

<2018年1月8日更新>

治療症例の内容子どもの治療 上唇小帯高位付着

  • IMG_1897
患者様
8歳 女子
治療期間
治療計画
歯並びについて一度診てもらいたいとご来院。
上唇と歯ぐきを結ぶひも(上唇小帯)が長く、上の前歯の間にまで伸びていました。
このままでは自然に前歯の隙間は閉じない可能性がありました。

そこで、上唇小帯切除術を行い、前歯の隙間が閉じにくくなるのを防ぎました。

術前に上唇をめくった状態で歯の間にあった、白い部分(貧血帯)が無くなったのが術後の写真でわかります。
生え変わり自体は問題なかったため経過観察しています。

永久歯の前歯が生えてきた際、顎と歯の大きさの不調和がない限り、生え変わりに伴ってたいていの隙間は自然に閉じます。

しかし、中には上唇小帯の高位付着が原因で隙間が残ってしまったり、矯正治療で閉じても再度開きやすい方がいらっしゃいます。

早めに処置をすれば自然に閉じることが多いので、ぜひ一度気になる方はご相談ください。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • 子どもの治療 上唇小帯高位付着の治療前
  • 子どもの治療 上唇小帯高位付着の治療中
  • 子どもの治療 上唇小帯高位付着の治療後
  • 子どもの治療 上唇小帯高位付着の治療前
  • 子どもの治療 上唇小帯高位付着の治療中
  • 子どもの治療 上唇小帯高位付着の治療後
治療について

処置自体は非常に簡単で10分ほどで終わります。
また、局所麻酔をして行いますので痛くありません。

術後1週間で抜糸しました。

恐怖心の強い方は静脈内鎮静も可能ですが、たいていは必要ないでしょう。