口元で目立つ銀歯をオールセラミックに<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

口元で目立つ銀歯をオールセラミックに

<2018年1月26日更新>

治療症例の内容口元で目立つ銀歯をオールセラミックに

  • C124_1.1
患者様
20代男性
治療期間
1ヶ月
治療計画
口を開けたときに目立つ銀歯を気にして来院された患者様です。
保険診療では銀歯となってしまうため、審美面の改善を目的として、オールセラミッククラウンにて補綴することとしました。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • 口元で目立つ銀歯をオールセラミックにの治療前
  •  
  • 口元で目立つ銀歯をオールセラミックにの治療後
  • 口元で目立つ銀歯をオールセラミックにの治療前
  •  
  • 口元で目立つ銀歯をオールセラミックにの治療後
  • 口元で目立つ銀歯をオールセラミックにの治療前
  •  
  • 口元で目立つ銀歯をオールセラミックにの治療後
  • 口元で目立つ銀歯をオールセラミックにの治療前
  •  
  • 口元で目立つ銀歯をオールセラミックにの治療後
  • 口元で目立つ銀歯をオールセラミックにの治療前
  •  
  • 口元で目立つ銀歯をオールセラミックにの治療後
  • 口元で目立つ銀歯をオールセラミックにの治療前
  •  
  • 口元で目立つ銀歯をオールセラミックにの治療後
治療を終えて

今回治療を行った小臼歯と呼ばれる歯は、保険診療ですと銀歯、またはプラスチックのクラウンとなってしまいます。プラスチックは装着したばかりは白いのですが、その後著しく変色をし、また強度も低いため、銀歯同様長期的に装着することはお勧めできません。
オールセラミッククラウンを装着したことで、審美性が改善されたことはもちろん、不適合な銀歯とは異なり、歯肉の腫れもきれいに引き、患者様には大変満足していただきました。