奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性

<2018年1月23日更新>

治療症例の内容奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性

  • IMG_9248
患者様
30代男性
治療期間
9ヶ月
治療計画
下の左右の奥歯に違和感があり、虫歯ではないかと心配され来院された患者様です。
精査したところ、下顎の左右の奥歯が虫歯になっていました。
ともに神経がない歯であり痛みが出ないことから、自覚症状がほとんどなくう蝕が大きく進行してしまったと考えられます。
左下奥歯の銀の詰め物を除去したところ、歯肉縁下に及ぶ深いう蝕を認めたため、歯周外科処置(左下7遠心の骨整形及びディスタルウェッジ)を行った後にセラミッククラウンによる補綴を行いました。
右下奥歯の銀の被せ物を除去したところ、う蝕により歯に穴があいているとともに破折していたため、抜歯しインプラント治療を行うことにしました。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療前
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療中
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療後
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療前
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療中
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療後
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療前
  •  
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療後
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療前
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療中
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療後
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療前
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療中
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療後
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療前
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療中
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療後
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療前
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療中
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療後
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療前
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療中
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療後
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療前
  •  
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療後
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療前
  •  
  • 奥歯の違和感 神経がない歯のう蝕 30代男性の治療後
治療について

歯周外科処置(左下7遠心の骨整形及びディスタルウェッジ)により、深部に及ぶう蝕を除去するとともに歯肉縁上の健全歯質を獲得でき、適合の良い被せ物を作製することができました。
破折していた歯の抜去・不適合な銀の詰め物とう蝕の除去により奥歯の違和感がなくなり、インプラント治療・セラミック治療により機能性・審美性が回復され、患者様に喜んで頂けました。

被せ物の種類:ジルコニアオールセラミッククラウン スタンダード