切端咬合の矯正歯科治療<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

切端咬合の矯正歯科治療

<2016年2月16日更新>

治療症例の内容切端咬合の矯正歯科治療

  • C31_1.1
患者様
30代女性
装置
メタル装置
治療期間
1年8ヶ月
治療計画
問題点
 ・上下前歯の叢生
 ・切端咬合
治療計画
 ・下顎左右小臼歯各1歯抜歯が望ましいが、患者様の希望により非抜歯とし、下顎大臼歯をマイクロインプラントより遠心移動、および下顎前歯の歯冠ディスキング
治療期間の目安
 2年程度
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • 切端咬合の矯正歯科治療の治療前
  • 切端咬合の矯正歯科治療の治療中
  • 切端咬合の矯正歯科治療の治療後
  • 切端咬合の矯正歯科治療の治療前
  • 切端咬合の矯正歯科治療の治療中
  • 切端咬合の矯正歯科治療の治療後
治療前後の比較 ~顔貌~
  • 治療前(顔貌)
  • 治療後(顔貌)
治療を終えて

治療期間の目安2年程度に対して、1年8ヶ月で終了することができました。下顎大臼歯の遠心移動は予想通り時間がかかり、移動量にも限界があったため、下顎のディスキング量はやや多めとなりました。
患者様希望により、下顎非抜歯での矯正治療ではありましたが、前歯のガタガタが解消され、患者様に大変満足していただけました。

動画