骨の無い上顎のインプラント<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

骨の無い上顎のインプラント

<2016年10月31日更新>

  • img_1434
患者様
40代女性
治療期間
1年
治療計画
左右の奥歯が保存不可能であったが、
金銭的な問題もあり両方一度に治療をするのは難しかったため、
左だけでもしっかりと噛めるように治療を行った。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療前
  •  
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療後
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療前
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療中
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療後
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療前
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療中
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療後
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療前
  •  
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療後
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療前
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療中
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療後
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療前
  •  
  • 骨の無い上顎のインプラントの治療後
左上の治療について

骨が無かったためサイナスリフトにて骨増成を行った。
手前の歯は保存が難しい事を説明したうえで、硬質レジンによる被せもの治療を行った。

左下の治療について

来院の段階では歯周病があり、分岐部病変と呼ばれる、二本の根の間の歯周病が存在していた。
歯周病手術とセラミック治療によって分岐部病変を無くすことに成功した。

今後の治療について

右上の治療を検討中である。