矯正治療後の歯ぐきの下りを治したい<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

矯正治療後の歯ぐきの下りを治したい

<2016年11月20日更新>

治療症例の内容矯正治療後の歯ぐきの下りを治したい

  • 歯肉移植 エムドゲインの塗布
患者様
20代女性
治療期間
2ヶ月
治療計画
矯正治療後の歯ぐきの下りの治療を主訴に当院に来院されました。
歯ぐきの移植を行い、治療を計画します。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • 矯正治療後の歯ぐきの下りを治したいの治療前
  • 矯正治療後の歯ぐきの下りを治したいの治療中
  • 矯正治療後の歯ぐきの下りを治したいの治療後
  • 矯正治療後の歯ぐきの下りを治したいの治療前
  • 矯正治療後の歯ぐきの下りを治したいの治療中
  • 矯正治療後の歯ぐきの下りを治したいの治療後
  • 矯正治療後の歯ぐきの下りを治したいの治療前
  • 矯正治療後の歯ぐきの下りを治したいの治療中
  • 矯正治療後の歯ぐきの下りを治したいの治療後
  • 矯正治療後の歯ぐきの下りを治したいの治療前
  • 矯正治療後の歯ぐきの下りを治したいの治療中
  • 矯正治療後の歯ぐきの下りを治したいの治療後
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
歯ぐきの移植治療について

矯正治療は歯並びを治す治療ですが、歯の動き・治療計画によっては歯ぐきの下りが治療中・治療後に露見することがあります。

このような場合審美性が損なわれることに加え、プラークがたまりやすく歯周病や虫歯のリスク増加、知覚過敏などの問題が長期的に考えられます。

歯肉移植を行うことで審美性の回復はもちろん、知覚過敏改善・歯肉の厚みを増すことによる退縮リスクの軽減・清掃性の向上が可能になります。