欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療

<2016年12月30日更新>

治療症例の内容欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療

  • img_9838
患者様
60代女性
治療期間
1年
治療計画
右下4番の歯に違和感を自覚して来院された患者様です。レントゲンで歯の内部吸収が認められたため、抜歯をすることになりました。
右下4番に関してはブリッジ、下あごの奥歯が欠損していたのでインプラントで治療することとなりました。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療前
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療中
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療後
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療前
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療中
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療後
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療前
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療中
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療後
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療前
  •  
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療後
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療前
  •  
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療後
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療前
  •  
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療後
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療前
  •  
  • 欠損部へのインプラント治療とブリッジでの治療の治療後
治療について

右下4番の抜歯後に右下3番は精密根管治療を行い、右下3番と右下5番にファイバーコア(土台)を築造し、ブリッジを装着しました。

下顎の両側6番にはインプラント治療をおこないました。

奥歯がなくなると前歯の方に咬む力が強く伝わることにより、負荷がかかりすぎ、前歯が動揺してきたり、傾いてくることがあります。奥歯のかみ合わせをつくることはとても重要です。