親知らず抜歯の必要性<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

親知らず抜歯の必要性

<2017年3月11日更新>

治療症例の内容親知らず抜歯の必要性

  • 親知らずによる虫歯
患者様
30代女性
治療期間
治療計画
左上の歯の周囲の腫れ、異臭の治療を主訴に来院されました。
X線写真より、親知らずが原因の歯ぐきの炎症や虫歯が認められ抜歯による治療を計画しました。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • 親知らず抜歯の必要性の治療前
  •  
  • 親知らず抜歯の必要性の治療後
  • 親知らず抜歯の必要性の治療前
  •  
  • 親知らず抜歯の必要性の治療後
  •  
  •  
  • 親知らず抜歯の必要性の治療後
親知らずの抜歯について

親知らずを抜かなくてはいけないと言われながらそのままにしている方も多いのではないでしょうか。
親知らずの多くは横や斜めに生えているため、一つ前の歯に悪影響を与えることが多々あります。
親知らずが今回のように横や斜めに生えていると、親知らずと親知らずの前の歯との間に虫歯ができます。
見た目では判りにくく、レントゲンを撮らなければ見つけることができないため、神経まで虫歯が進んだり深い虫歯になってしまうことで残せないこともしばしばです。

今回のように虫歯が大きくなり手前の歯も抜かなくてもいいように、親知らずは移植の必要性・可能性がない場合は抜歯したほうが望ましいことが多いです。