[スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

[スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復

<2017年3月23日更新>

治療症例の内容[スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復

  • インプラント スクリューリテイン1
患者様
40代女性
治療期間
5ヶ月
治療計画
奥歯がなく噛めないことを主訴に来院されました。

奥に歯がない場合は、入れ歯・インプラントが治療の選択肢として挙げられます。
今回はよりしっかりと噛みたい希望を達成するため、インプラント治療による咬合機能の回復を計画します。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • [スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復の治療前
  • [スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復の治療中
  • [スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復の治療後
  • [スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復の治療前
  • [スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復の治療中
  • [スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復の治療後
  • [スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復の治療前
  • [スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復の治療中
  • [スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復の治療後
  • [スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復の治療前
  • [スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復の治療中
  • [スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復の治療後
  •  
  •  
  • [スクリューリテイン式] インプラントによる臼歯部咬合回復の治療後
インプラントによる咬合回復について

今回左下の奥歯が喪失したことによる咬合機能の回復をインプラント治療を用いて行いました。
このように片側の奥歯が失われた状態で長期間経過すると、右側の奥歯に過大な力がかかったり前歯にも大きな負担がかかることで、残存している歯の予後も不安な状態と言えます。

今回はインプラント上のクラウンを入れる上顎との歯との距離が狭かったため、スクリューリテイン式(ねじ止めしき)のメタルボンドクラウンを選択しました。
スクリューリテイン式を選択することでセメントを用いず清掃性が高いような設計にできる反面、咬合面にはネジを止めるための穴(アクセスホール)が開いてしまうと言う欠点があります。