金属の詰め物をセラミックへ<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

金属の詰め物をセラミックへ

<2017年3月27日更新>

治療症例の内容金属の詰め物をセラミックへ

  • IMG_8637
患者様
50代女性
治療期間
2ヶ月
治療計画
金属アレルギーがあり金属の詰め物を全てセラミックにしたいとのことで来院されました。
小さい金属の詰め物のところは、セラミックの詰め物で、左下の一番後ろの歯は詰め物が大きかったのでオールセラミッククラウン(かぶせ物)にて治療することになりました。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • 金属の詰め物をセラミックへの治療前
  •  
  • 金属の詰め物をセラミックへの治療後
  • 金属の詰め物をセラミックへの治療前
  •  
  • 金属の詰め物をセラミックへの治療後
  • 金属の詰め物をセラミックへの治療前
  •  
  • 金属の詰め物をセラミックへの治療後
  • 金属の詰め物をセラミックへの治療前
  •  
  • 金属の詰め物をセラミックへの治療後
  •  
  •  
  • 金属の詰め物をセラミックへの治療後
  •  
  •  
  • 金属の詰め物をセラミックへの治療後
  •  
  •  
  • 金属の詰め物をセラミックへの治療後
  •  
  •  
  • 金属の詰め物をセラミックへの治療後
治療について

保険での金属の詰め物は外したら中が虫歯になっていたり、ぴったりとしたものが装着されていないことがとても多いです。当院では虫歯の取り残しがないようにし、精度の高い補綴物(かぶせや詰め物)を装着するために拡大鏡を使用しています。肉眼ではやはり限界があり、拡大して細部まで確認して治療するということが非常に重要です。

レントゲン上でも精度の高い補綴物が装着されていることがわかります。