容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスク<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスク

<2017年9月30日更新>

治療症例の内容容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスク

  • C93_1.1
患者様
30代女性
治療期間
4ヶ月
治療計画
歯を削る量が少ないとの触れ込みで最近接着ブリッジを装着したものの、そのブリッジと歯の間に隙間ができているとのことで来院された患者様です。
歯の裏側を一層だけ削り、接着力に頼ったブリッジを装着してはみたものの、案の定咬む力に負けて、接着が剥がれてしまっていました。
歯を削る量は増えますが、より長い期間再治療なく使用していただくことを最優先に考え、フルカバレッジのオールセラミックブリッジにて補綴することとしました。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • 容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスクの治療前
  •  
  • 容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスクの治療後
  • 容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスクの治療前
  •  
  • 容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスクの治療後
  • 容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスクの治療前
  •  
  • 容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスクの治療後
  • 容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスクの治療前
  •  
  • 容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスクの治療後
  • 容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスクの治療前
  •  
  • 容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスクの治療後
  • 容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスクの治療前
  •  
  • 容易に外れた接着ブリッジ むし歯と再治療のリスクの治療後
治療を終えて

前歯の裏側の接着面は、隙間ができていたことにより、汚れがたまるだけでなく、むし歯にもなっていました。
我々としては、治療により状態が悪化することだけは避けたいと考えているため、歯全体を覆うクラウンにすることで、より長持ちする治療を提供いたしました。
外観はもちろんのこと、隙間なく安心して咬むことのできる前歯となり、患者様には大変満足していただきました。