20代男性 セラミックインレーによる歯の形態修復<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

症例詳細

治療症例の内容

20代男性 セラミックインレーによる歯の形態修復

<2017年9月30日更新>

治療症例の内容20代男性 セラミックインレーによる歯の形態修復

  • IMG_9524
患者様
20代男性
治療期間
1ヶ月
治療計画
歯の形そのものを変えるにはクラウン(被せもの)が一番有効ですが、
歯の削る量とのバランスをみて、セラミックインレーで可及的な形態回復をします。
  • 開始前
  • 治療途中
  • 終了時
  • 20代男性 セラミックインレーによる歯の形態修復の治療前
  •  
  • 20代男性 セラミックインレーによる歯の形態修復の治療後
  • 20代男性 セラミックインレーによる歯の形態修復の治療前
  •  
  • 20代男性 セラミックインレーによる歯の形態修復の治療後
治療について

他院にて矯正中、歯の生理的な形態を考えないディスキング(歯のサイズダウン)をされ、いびつな形態となっていた歯を、セラミックインレーにて形態回復しました。
本来ディスキングは歯の生理的な形態を保ちつつその幅を少なくしなくてはならないため、極めて習熟された一般診療の技術が必要となりますが、多くの矯正医がそれをおろそかにしています。

詰め物の種類:e.max プレスインレー