奥歯の銀歯をセラミッククラウンに<精密審美歯科センター>

  • メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

精密審美歯科センター 動画チャンネル

奥歯の銀歯をセラミッククラウンに

奥歯の銀歯をセラミッククラウンに

<2015年11月23日更新>

奥歯の銀歯をセラミッククラウンに換えた治療例です。

<患者様情報>

・30代男性

・10年以上前に行った矯正歯科治療により、下顎の左右にスペースが残ってしまった。

・スペースによる歯の移動を防ぐために銀の詰め物で固定していたが、セラミックに換えたい。

・他の目に付く銀歯もセラミックに換えたい。

<治療計画>

・下顎左右のスペース

スペース両側の歯を大きめのオールセラミック(ジルコニアクラウン)にて補綴し、スペース閉鎖

・左上大臼歯

PESCJ認定医にて精密根管治療後、オールセラミック(ジルコニアクラウン)にて補綴

・右下大臼歯

セラミックインレーにて修復

<治療を終えて>

・スペース閉鎖の対応策として、小さいダミーのブリッジとするか、大きいクラウンとするか悩みましたが、費用・歯質切削量・清掃性などについて患者様と相談し、大きいクラウンを装着することになりました。

・銀歯が見えなくったことはもちろん、容易にフロスが通せるようになり、患者様には大変満足していただけました。