Webからのご予約

お電話でのご予約

平日 11:00~20:00 / 土日 10:00~18:00
閉じる

歯を抜かない矯正歯科治療(非抜歯矯正)

メニューを開く メニューを閉じる
初回予約専用フリーダイヤル
0120-118-041
平日11:00~20:00 土日10:00~18:00

無料相談予約無料相談予約はこちら

矯正歯科治療

Orthodontic

抜かない矯正(非抜歯矯正)

抜かない矯正(非抜歯矯正)

矯正装置や診断技術の進歩により、多くのケースで歯を抜かずに歯並び、口元、咬み合わせの治療ができるようになりました。

とは言っても、矯正治療において抜歯するケースは少なくありませんが、非抜歯矯正を可能にする方法が3つあります。

歯並びが悪い原因の多くは、歯が綺麗に並ぶための顎のスペースが足りないためです。そのスペースを作れるかどうかが、抜かない矯正の成功のカギとなります。

①遠心移動(奥歯の移動)

①遠心移動(奥歯の移動)

「遠心移動」とは、奥歯をさらに奥へ移動させることです。遠心移動によって歯を動かすスペースを作り出します。全体の歯を動かす程度にもよりますが、奥歯を移動させることができるかどうかで、抜歯をするかしないかの判断が変わります。

ただし、奥歯を後方に移動させることになるため、親知らずが残っている場合は抜く必要があります。

②側方拡大・後方拡大(全体の歯並びを外側に)

②側方拡大・後方拡大(全体の歯並びを外側に)

従来のブラケット・ワイヤーやマウスピースなどの矯正装置とは別に、拡大装置を用いることで顎の大きさ自体を広げて、歯の並ぶスペースを作ります。

しかし、必要以上の側方拡大は、矯正治療終了後に元の歯並びに戻ったり、咬み合わせが悪くなったりする場合もあるので、矯正医の見極めが大変重要となります。

③ディスキング(歯の間を削って隙間をつくる)

③ディスキング(歯の間を削って隙間をつくる)

「ディスキング」とは、歯の表面(エナメル質)を少し削ることです。ディスキングをすることで歯を動かすための隙間を作ります。

このディスキングは、歯のスペースを作る以外にも、後戻りを防ぐ手段のひとつとして歯列矯正に用いられることがあります。

診断技術の向上と装置の進歩

精密な検査と正確な分析

精密な検査と正確な分析

人それぞれの骨格、筋肉、関節の動きなど、ここでそのすべてを挙げることはできませんが、矯正治療の診断の常識は変わりました。精密な検査を行うことで正確な分析が可能となり、その結果、抜歯の必要性を判断する基準が明確化してきているため、抜く必要のない歯を抜歯するようなケースはなくなりました

私たちの医院では正しい判断をするために、3DCTやセファロ(側方頭部X線規格写真)を用いて分析を行っております。

装置の進歩(矯正用アンカースクリュー、マイクロインプラント)

装置の進歩(矯正用アンカースクリュー、マイクロインプラント)

以前にはなかった画期的な装置がここ20年くらいで登場し、いまや歯列矯正に必要不可欠なものになっています。その一例が「矯正用インプラント」です。

古くは、奥歯の咬み合わせを整えるため、ヘッドギアが使用されていました。しかし、現代の生活を考えるとヘッドギアの使用は現実的ではありません。また使用しないと奥歯の移動ができないため、結局は出っ歯になってしまいます。その結果、以前は抜歯をするというケースが多数ありました。

しかし、矯正用インプラントの登場により、患者様の協力がいらず、確実に奥歯の咬み合わせを整えることができるようになりました。腫れも痛みもほとんどありません。

非抜歯矯正の限界

非抜歯矯正の限界

いくら診断技術が向上し、装置が進歩しても、すべての患者様で抜かない矯正が可能なわけではありません

抜歯をせずに歯並びをよくしても、機能性を損なうような咬み合わせだと矯正治療の意味がありません。私たちは、いろんな角度から診断し、トータルでいいと判断したアプローチをご提案させていただいております。

抜歯・非抜歯については、口の中の状態を確認しないと判断できないため、初回カウンセリングの際にご相談ください。

非抜歯(歯を抜かない)矯正の症例

歯を抜きたくないという患者様は多数おられ、よくご相談を受けます。

非抜歯(歯を抜かない)矯正の症例を多数掲載しています。ご検討されている方はぜひご覧くださいませ。

無料相談予約
0120-118-041
平日11:00~20:00 土日10:00~18:00