Webからのご予約

お電話でのご予約

平日 11:00~20:00 / 土日 10:00~18:00
閉じる

根分岐部病変について

メニューを開く メニューを閉じる
初回予約専用フリーダイヤル
0120-118-041
平日11:00~20:00 土日10:00~18:00

無料相談予約無料相談予約はこちら

精密歯周病治療

Periodontics

根分岐部病変

根分岐部病変

歯根が複数ある奥歯の歯根と、歯根が分岐した部分を根分岐部と言います。

その根分岐部に細菌感染が起こり、歯の周りの骨が吸収して無くなる病気を根分岐部病変と言います。原因は歯周病や虫歯、歯髄疾患、歯根の亀裂・破折、パーフォレーション(何らかの原因で歯に穴があいた状態)などです。

根分岐部は、複雑な解剖学特徴を持つことから、根分岐部病変は他の部位の歯周炎よりも、進行が早く治りにくいと言われています。また、年齢が高いほど、根分岐部病変が進行している傾向にあり、男性に発症が多いという報告があります。

根分岐部病変の分類と主な治療法

LindheとNymanの分類(1975)

種類 症状
1度(初期) 根分岐部にプローブ(歯周ポケット測定器具)は入るが、歯の幅の1/3以内
2度(部分期) 根分岐部にプローブが1/3以上入るが貫通はしない
3度(全体期) 根分岐部にプローブを入れると貫通する

根分岐部病変の主な治療法(LindheとNymanの分類を基準)

上顎大臼歯

種類 症状
1度(初期) スケーリング・ルートプレーニング、咬合調整(噛み合わせの調整)、切除療法、歯周組織再生療法
2度(部分期) スケーリング・ルートプレーニング、咬合調整、切除療法、歯周組織再生療法、ルートリセクション、抜歯
3度(全体期) ルートリセクション、抜歯

下顎大臼歯

種類 症状
1度(初期) スケーリング・ルートプレーニング、咬合調整、切除療法、歯周組織再生療法
2度(部分期) スケーリング・ルートプレーニング、咬合調整、切除療法、ルートリセクション、ルートセパレーション、トンネリング、歯周組織再生療法、抜歯
3度(全体期) スケーリング・ルートプレーニング、咬合調整、ルートリセクション、ルートセパレーション(歯根分割)、トンネリング、抜歯

用語説明

スケーリング

歯石除去。スケーラーという器具を使用し、歯面に沈着したプラーク(歯垢)、歯石そのほかの歯面沈着物を機械的に除去すること。

ルートプレーニング

歯根に付着した歯石や感染したセメント質をスケーラーで削り取り、歯根の表面をきれいにすること。歯根に付着した歯石は歯周病の原因となることがあるため、ルートプレーニングを行い歯根に付着した歯石をきれいに取り除けば、歯周病の進行を抑制し、改善させることができます。

根分岐部病変のメンテナンス

根分岐部病変は、治療が難しい上に再発しやすい病気です

根分岐部病変の生じる奥歯は、ただでさえ磨きにくい部位ですが、治療後の歯の形態は歯根が露出してさらに複雑さを増し、プラークコントロールが困難となります。したがって、良好な予後、寿命を長くするためには、定期的なメンテナンスと徹底したホームケアが不可欠です。

また、歯周ポケットが深くなり、根分岐部病変が再発してきても、かなり進行しなければ自覚症状は出にくく、気づかないうちに悪化していきます。痛くなくてもメンテナンスは受けましょう。メンテナンスでは、咬み合わせの調整を行います。治療歯に過度の咬合力がかかると歯が破折し、抜歯となります。

特に、リセッション(歯根を抜去)した歯が抜歯となる原因の多くは破折です。仮に、プラークコントロールが非常に上手でも、歯の咬み合わせがアンバランスだと、治療歯が破れてしまうこともあります。歯の噛み合わせは日々変化しますので、メンテナンスは必要なのです。

無料相談予約
0120-118-041
平日11:00~20:00 土日10:00~18:00