Webからのご予約

お電話でのご予約

平日 11:00~20:00 / 土日 10:00~18:00
閉じる

予防歯科(PMTC)について

メニューを開く メニューを閉じる
初回予約専用フリーダイヤル
0120-118-041
平日11:00~20:00 土日10:00~18:00

無料相談予約無料相談予約はこちら

  • TOP
  • 予防歯科(PMTC)

予防歯科(PMTC)

Professional Mechanical Tooth Cleaning

虫歯や歯周病の進行を防ぐために

予防歯科(PMTC)

虫歯や歯周病にならないための一番の対策はその予防を続けることです。毎日のブラッシング等のセルフケアや、定期的なクリーニングを行うことで虫歯や歯周病進行のリスクが大幅に減少します。

歯垢(プラーク)はブラッシングで取り除ことができますが、歯石は歯ブラシで取り除くことができないため、インプラント治療や歯周外科治療をした後でも定期的に歯科医院でクリーニングを受けることが重要です。

PMTCによるメンテナンスの間隔は、個人差がありますが、3ヶ月に一度を目安に行なっていただくことをお勧めしております。

PMTCの重要性

磨けなかったプラークを特殊な薬剤で染め出してみると、毎日の歯磨きだけでは磨けなかった汚れがたくさんあることがわかります。また、そのプラークをそのままにしてしまうと、病原菌が繁殖し始め(バイオフィルム)、歯肉に炎症が起こり、歯周病の原因になります。

※画像タップで拡大します

  • プラークの薬剤染め出し クリーニング前

    クリーニング前

  • プラークの薬剤染め出し クリーニング後

    クリーニング後

そこで、PMTC(専用器具による歯の清掃)を定期的に行なっていくことにより、バイオフィルムを破壊し、口腔内の細菌を減らすことで歯周病リスクを少なくすることができます。また歯の表面が綺麗になることで、新たな汚れがつきにくくなり、虫歯予防にもつながります。

唾液検査で虫歯・歯周病リスクを把握

カリオグラム

精密審美会では、カリエスリスク(むし歯のなりやすさ)や、歯の健康・歯ぐきの健康・口腔清潔度等を目で見て確かめて、よりご自身の口腔内の状況を知っていただくために、唾液検査を導入しております。

唾液は人によってその性質や分泌量が異なります。唾液検査を行うと、自分自身の唾液の性質を知ることができ、またご自身の歯に対する意識や歯科治療へのモチベーションが高まることで、虫歯予防や歯周病予防につながります。

プロフェッショナルクリーニング

プロフェッショナルクリーニングの流れ

  1. プラークチェック

    磨き残しを確認し、必要に応じて歯の表面に赤く染め出しによるプラークチェックを行います。

  2. ブラッシング指導

    磨き残しが多い場合は、ブラッシング指導(歯ブラシや歯間ブラシの選び方、動かし方など)やホームケアを細かく指導します。

  3. プラーク・歯石を取り除く(スケーリング)

    磨き残しとなっている部分についたプラークと歯茎から露出した部分の歯や歯間についた歯石も除去します。

  4. 専用ペーストによる細かいクリーニング
    • 歯の表面の汚れ取り
    • 専用ペーストによる細かいクリーニング

    歯の表面の汚れを取り、専用のペーストできれいに磨き上げていきます。これにより、歯の表面がつるつるになります。

  5. フロス、歯間ブラシで整える

    フロス・歯間ブラシを通し、歯と歯の間の清掃を行います。フッ素塗布をご希望の方は、別料金(上下2,000円)となります。

※ 出血が多かったり、歯肉の腫れや深い歯周ポケットが見られる場合は、歯周病治療をご提案することがございます

予防歯科(PMTC)はこんな方にもおすすめです

ステインが付着しやすい方

コーヒーや赤ワインなどで着いた色素を除去します

ワイヤー矯正治療中の方

ワイヤー矯正治療中は装置により歯磨きが不十分なことがあります

被せ物やインプラントが入っている方

ご自宅での日々のケア以外に医院での専門的なケアが必要となります

ご自宅でのアフターケア

アパガードリナメル

アパガードリナメル

歯の表面をなめらかにし、ステインやプラークもつきにくくなります。

システマSP-Tジェル

システマSP-Tジェル

歯周病の発症を防ぐ効果がある無研磨ジェルタイプのハミガキです。

無料相談予約
0120-118-041
平日11:00~20:00 土日10:00~18:00