精密審美歯科センターグループ

患者様にいかに快適に来院して頂けるか、いかにリラックスして精密歯科治療を受けて頂けるか、そして何よりも、いかに歯に関するお悩みを解決して頂けるかを常に考え院内体制を整えております。近隣の患者様はもちろん、全国から多くの患者様が来院されます。

精密審美歯科の再生治療

再生治療とは

歯の再生療法によって、患者自身の従来歯を抜かなくてはいけなかった歯を残せる可能性があります。

詳細はコチラ

どこまで再生できる?

患者自身の歯を再生させることが可能となれば、それが、最も理想とする治療法となるのかもしれません。

詳細はコチラ

無料相談はコチラ

「再生治療法」とはいったいどんな治療なだろう?料金はどのくらいなんだろう?など、様々な疑問にお答えします。

詳細はコチラ


A:再生治療で歯を抜かずに残します

最近インプラント治療が一般的に行われるようになり、残せる歯も抜いてしまう傾向があります。下の写真のケースでは、他院で抜歯してインプラントを入れることを勧められたそうですが、当センターグループで再生療法を行い顎の骨を作ったので歯を抜かずにすみました。

『再生療法』の詳細はコチラ

審美歯科は歯ぐきから

歯ぐきが退縮すると少し色の違う歯の根っこが露出して歯が長く見えます。
歯の根っこは虫歯になりやすくまた、知覚過敏を起こします。

歯ぐきの再生も重要です

歯ぐきが退縮すると少し色の違う歯の根っこが露出して歯が長く見えます。
歯の根っこは虫歯になりやすくまた、知覚過敏を起こします。

また、その他に

歯科医院で歯周病が進行し歯を抜くと言われた時・・

歯を抜いてインプラントを入れましょうと言われた時・・

歯が揺れる自覚症状がある時・・

『治療法』についての詳細はコチラ

ケース1:長くなった歯を元の長さに戻した

長かった犬歯が短くなり歯の根っこを覆うことで、虫歯・歯周病の予防が出来ます。
見た目も若返ります。

ケース2:左右対称の長さにするための再生

左右の歯の長さが違うと見た目の歯並びが悪く見えます。
再生療法とオールセラミック治療で左右対称きれいな歯並びになりました。

ケース3:歯茎のくぼみ皮膚を再生させ
自然な形の歯を入れたケース

歯を抜いた後歯茎が窪んで見えてしまったため、 歯が出っ張って見えてしまいましたが、
再生療法とオールセラミック治療で自然なは並びになりました。


歯を抜いた後歯茎が窪んで見えてしまいましたが、 再生療法で自然な歯ぐきの形に戻りました。

『歯周病』についてもっと知りたい方はコチラ

精密審美歯科センターグループ

患者様にいかに快適に来院して頂けるか、いかにリラックスして精密歯科治療を受けて頂けるか、そして何よりも、いかに歯に関するお悩みを解決して頂けるかを常に考え院内体制を整えております。近隣の患者様はもちろん、全国から多くの患者様が来院されます。

歯周病、再生治療は精密審美歯科センターグループにお任せ下さい。十分な歯周病のカウンセリングを行います。 「歯周病、再生治療の料金について」「歯周病、再生治療の不安」など歯周病、再生治療に関するお悩みは、お気軽にお問い合わせください。 歯周病治療、再生治療をお探しの方、お悩みの方は0120-118-041まで。

Copyright (C) Seimitsu Shinbi Shika Center All Rights Reserved