• メールでお問い合わせ
  • 無料相談申し込み
0120-118-0441

精密審美歯科センター

総合歯科治療とは?

「審美性」と「歯の健康」を徹底追及する「総合治療」

「審美性」と「歯の健康」を徹底追及する「総合治療」

最近、「インプラント専門」、「矯正専門」、「審美歯科専門」、「歯周病専門」に代表されるように、「●●専門」と謳う歯科医院をよく見受けます。

「専門」という言葉の響きから「治療が上手そうだから、ここに任せても大丈夫」と思われる方が多いようですが、「●●専門」と標榜する歯科医院には甚だ疑問を抱きます。なぜなら、「●●専門」だとその分野しか治療できませんし、仮にできたとしても専門以外の分野に精通している確証がないため、専門以外の治療を必要とする場合に最善の治療を患者様が受けられない可能性があるからです。

これからお伝えする話は、当グループ医院に来院された患者様が実際に体験したお話です。

  • 理事長挨拶

この患者様はインプラント治療を受けるために、「インプラント専門」の歯科医院に行かれたそうです。後に当グループ医院が診断した際に、この患者様には虫歯や歯周病、咬み合わせのずれなどの問題が山積みだったのですが、この歯科医院はそのことを告げずインプラント治療と最低限の治療だけを行おうとしたそうです。

この歯科医院は、インプラントを埋入する歯に隣接する歯の根っこの治療(根管治療)を行ったのですが、マイクロスコープなどの専門機器がないためか治療は非常にお粗末なものでした。

そして、根管治療の後には歯の土台を入れるのですが、この患者様に入れた土台の材質がなんと金属だったのです。これには驚きを隠せませんでした。なぜなら、材質が金属の土台であれば「金属アレルギー」などの弊害を引き起こしますし、最近であれば「ファイバーコア」と呼ばれる身体に優しい材料の土台を用いることが主流だからです。

一連の出来事をお聞きして、「このインプラント専門医は、インプラント埋入予定の歯に隣接する歯の寿命をわざと短くして、将来インプラントを入れるために粗末な治療を施しているのか?」との疑念を抱いてしまいました。

  • 理事長挨拶

先ほどの患者様だけに限らずお口のなかを診てみると、希望される治療以外にも矯正治療や歯周病治療、根管治療などを必要とする患者様がほとんどです。

その場合、前述した通り「●●専門」であればいい加減な治療をされる可能性があるため、歯科医院選びには慎重にならなくてはなりません。

それではどうすれば良いのでしょうか?

「●●専門」という各歯科医療分野の専門医が複数在籍している歯科医院で治療を受けることが最善だと考えます。各分野の専門医がいることで患者様のあらゆる希望に応えることができますし、なにより患者様にとって最高の治療を受けることが可能となるからです。

患者様のお口の健康を実現するべく、精密審美歯科センターグループには各専門分野のエキスパートが在籍しております。患者様へのヒアリングを通して総合的に診断したのちに最善の治療法をご提案させて頂き、各専門分野の専門医がチームを組んでの総合治療を行ってまいります。

現在無料カウンセリングを行っておりますので、不安なことやお聞きになりたいことがありましたらいつでもご相談ください。 みなさまとお会いできることを楽しみにしております。

総合治療を行った症例 -インプラント・審美歯科・矯正治療-

総合治療を行った症例 -インプラント・審美歯科・矯正治療-

「前歯を白くしたい」とのことで来院されました。上の前歯には、保険適用のかぶせものが装着されています。

果たして、このままの状態で前歯のみセラミック治療(審美歯科)を行っても良いのでしょうか?

  • 総合治療を行った症例

この後に治療方針を決定していくわけですが、患者様の「歯を白くしたい」という主訴の改善をするためには、他にも多くの治療が必要になってきます。

  • 「歯を白くしたい」という主訴

実際に上記の治療内容をこの患者様に施していきます。

まず、下記の写真2枚をご覧ください。

  • 総合治療
  • 総合治療

緑色の丸で囲んだ箇所に大きな虫歯があります。

これでは、奥歯で咬むことがほとんどできていない状態といえます。この状態のままで、前歯にセラミック治療のみ行うことで果たしてセラミックが長持ちすると思いますでしょうか?

奥歯で咬むことは難しいため前歯で咬むことになり、その結果として前歯に負担が掛かってしまいます。この状態でセラミック治療を行ったとしても、いずれセラミックが欠けたり、前歯に影響が出てくることが予想されます。

次に、下記2枚の写真は患者様のお口のなかを側面から撮影したものです。

  • 患者様のお口のなか
  • 患者様のお口のなか

写真をご覧になって分かるように、奥歯が欠損しているため咬み合わせが低くなっています。たとえこの状態でインプラント治療を行っても、おそらく高さの低い、平べったいかぶせものしか装着できないでしょう。

その治療方法として、まずは前歯を仮歯に変えます。その次に矯正装置を装着して、合っていない咬み合わせの改善を図ります。これにより、次第に咬み合わせが改善され、咬み合わせの位置が高くなっていきます。

  • 前歯を仮歯に変えます
  • 前歯を仮歯に変えます

また、奥歯にはインプラントを埋入します。十分な骨の厚みがある場合は、切開せずにインプラントを入れるための穴を開け、サイナスソケットリフト法で上顎洞を押し上げ、そこに「骨補てん剤」と呼ばれる人工骨を入れ、アゴの骨を増やす骨造成を行います。

インプラントがしっかり固定されている場合は、すぐにヒーリングキャップを装着し仮歯を装着します。

  • ヒーリングキャップ
  • ヒーリングキャップ
  • ヒーリングキャップ

インプラント治療後、来院された時に患者様が気にされていた前歯をオールセラミックにすることで、咬み合わせの高さも改善されました。

  • オールセラミック
  • オールセラミック

インプラント治療により、失われた奥歯が回復されました。 ちなみに、かぶせものはオールセラミックです。

  • インプラント治療で自然な感じの奥歯
  • インプラント治療で自然な感じの奥歯

咬み合わせの改善後、奥歯が無かった箇所はインプラント治療で自然な感じの奥歯に回復しました。

  • 総合治療の症例
  • 総合治療の症例

以上が、当センターグループの各分野のエキスパートがチームを組んで行った総合治療の症例です。 総合治療について詳しく知りたいという方は、無料相談を随時受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

また、来院するのが難しいという方はメール相談も承っておりますので、こちらより相談内容をお送りください。精密審美歯科センターグループの歯科医師が回答させて頂きます。

初回予約専用フリーダイヤル

0120-118-041

平日11:00~20:00 / 土日10:00~18:00

※ お電話での治療に関するご相談は、ドクターによる対応ができないためお受けできません。

24時間受付 Web申し込み

「無料カウンセリング予約」はコチラ

無料の個別相談(予約制)を実施しております。